「コラム」コン・ユにとって『トッケビ』は今でも特別な作品なのか