キム・ドンジュン(元ZE:A)、「映画『簡易駅』の台本を読み号泣、そんな思いを共感したく出演を決めた」