“デビュー”ナッティ(NATTY)、「SIXTEENの経験のおかげで今の“わたし”がある」