カン・ダニエル「関心と視線が辛いときもあるが、楽しむことができるよう広く考える」