ナム・ジュヒョク、“キャラクターを作りあげる過程が面白い”