チ・チャンウク、プレゼントに幼子のように喜ぶ…”プレゼントだ、イェーイ”