「一緒に夕飯食べませんか?」ソン・スンホン、眼差しと声で込めた真心…フードセラピーとして慰労を