【時代劇が面白い】『100日の郎君様』のウォンドゥクの記憶はいつ戻るのか