【時代劇が面白い】「死六臣」は信念で世祖に歯向かい続けた/康熙奉の王朝快談8