キム・ジェジュン、ひとつだけ残ったカップラーメン…”食べようか、やめようか”